求人募集内容から欲しい人物像を読みとる

 ハローワークが比較的近所にあるので、転職中は週3日の割合で通っています。その割合で2、3カ月も通うと求人募集内容からどんな人物がほしいのかを読み取るようになりました。最初は求人募集内容に書かれている表面的なことしか見ていません。

 

 例えばわかりやすいのが年齢です。

 

 今は法律によって年齢を制限することが厳しくなったので、昔のように何歳ぐらいの人がほしいのかわかりにくくなりました。でもよく見ると会社の特徴などの記載に、「若い人が多く…」などの文言を見るだけで、若い人が欲しいとわかります。これは簡単にわかる例ですが、文章のどこにも年齢的なことが書かれていなくても、どの年代が欲しいかわかる方法があります。それは求人の応募状況を調べていただくときに、今までどんな年齢の人が応募されているか聞くのです。すると、担当者が「こちらの会社では、30代の女性がほしいみたいですね」とか、「40代の女性は応募確認の電話をしたときに断れていますね」とかという状況を教えていただけます。

 

 これによって自分が応募しても選考基準に満たしているか否かがわかります。すぐに応募しなくても、「応募状況の確認をお願いします」とお願いし、その際に、「どれぐらいの年齢の人まで大丈夫でしょうかね」という言葉を添えれば調べてくれますので、ハロワークで応募する際は一度聞いてみるのもいいかもしれません。